お見合いするときの心得とは

メインイメージ

お見合いでの会話

お見合いは、全く面識のない2人が初めて会話を交わすことになる大切な席です。最大の目的は、自分のことを知ってもらうとともに相手の人となりを理解することとなります。社交的な方は相手がどんな人であろうとある程度の会話を進めることができますが、人見知りの傾向がある方にとっては、緊張して沈黙が続くことで場の雰囲気がしらけてしまうこともあります。

お見合いの場合は、事前情報を得ることができるため、相手の仕事や趣味などの話題をネタに会話をすることができますが、それだけでは、すぐに話が途切れてしまうこともあるでしょう。共通の趣味、好きなアーティスト、スポーツなど、相手が好みそうな笑いについて、事前にリサーチして会話が深まるように準備しておくことはとても大切なことです。

全くしゃべらないというのは問題ですが、沈黙を避けたいからといって、一方的に自分のことを話したり、思いつきで失礼な質問を繰り返してしまったりするのは、逆効果です。むしろ、ある程度の沈黙もいとわない落ち着きが、ゆったりとした空気感を与えて相手を安心することにもつながります。芸能ニュースでも時事ネタでも、自分が喜んだり、怒ったりしたことを話題にして相手と共感できたら、自然に話が広がるでしょう。結婚相手に価値観が同じであることを求める人は多いので、2人の意見や感想が一致するような話題を心がけるのもひとつの方法でしょう。会話とともに相手によい印象を持たれる服装やマナーにも配慮するようにしましょう。



=== お見合い関連情報 ===
お見合いでの会話やお相手への連絡など、慣れない人にとっては高いハードルだと感じる人もいることでしょう。そのような人は結婚相談所を通してお見合いに参加するという方法もあります。マンツーマンでサポートを受けられるので、お見合いをお考えの方は参考にしてみてください ・・・ 結婚相談所